どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由!評判もまとめてみた

要注意!!!

どんなときもWi-Fiは度重なる障害が起き、また無制限ではないのにも関わらず無制限と謳っていたことから行政指導が入るなど、現在はおすすめできるポケットWi-Fiではなくなっています…!
https://www.nojima.co.jp/support/koneta/43655/

最新のおすすめポケットWi-Fiについては、下記のサイトで詳しく紹介していていたので、情報が古くなっているこの記事ではなく、最新の情報を載せている下記のサイトを見るのが良いかと思います!

トレンドWi-Fi

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • どんなときもWiFiってそもそもどんなモバイルWiFiなの?
  • どんなときもWiFi契約すべき理由ってなんなの?他サービスと比較してほしい!
  • デメリットって存在しないの!?
  • 世間の評判を教えてください!

「モバイルWiFiが欲しい!」
「最近発売されたどんなときもWiFiを詳しく知りたい!」
「他社のモバイルWiFiと比較して欲しい!」

2019年3月より発売された『どんなときもWiFi』

「史上最強のモバイルWiFiでは?」と巷でささやかれていますが、実際どうなのでしょうか?

モバイルWiFiを複数台所有している筆者が、実際に「どんなときもWiFi」を契約してみました。

結論から述べさせていただきますと、利用して2020年12月現在で最もおすすめのモバイルWiFiだということがわかりました。

モバイルWiFiを契約するのであれば、「どんなときもWiFi」一択である理由が5つありますので、実体験に基づいて解説していきます。

【結論チラ見せ】どんなときもWiFi一択である5つの理由とは?】

後ほど詳しく解説をしていきますが、2020年12月現在で、モバイルWiFiを契約するのであれば「どんなときもWiFi」である理由を5つ紹介します。

①通信量が『完全』に無制限である。

→例えばモバイルWiFi大手の『WiMAX』は、3日で10GBという制限があります。

②エリアが広くて速度が速い

→大手キャリア3社の回線を利用してるので、ほぼ日本全国で利用可能です。

③料金が最安『級』である

『最安』とまでは言えませんが、『最安級』です。後ほど他モバイルWiFiと比較して言います。

④契約プランが単純明快

→通信機器は料金体系などが複雑なイメージがありますが、単純明快なので良心的な会社であることがわかります。

⑤契約期間が2年間と短めである

→多くのモバイルWiFiは、3年契約を結ばなくてはならないので解約の際に多額の解約金が請求されます。

⑥海外でも利用できる

→なんと追加料金を支払えば海外でも利用できるのです。わざわざ他のモバイルWiFiをレンタルする必要がなくなります!

簡単ですが、先にどんなときもWiFiをおすすめする理由について解説をしていきました。
そもそもどんなときもWiFiとはどのようなWiFiなのでしょうか。基礎知識を確認していきましょう。

実際にどんなときもWiFiを契約してみた!発送日や使い心地は?

2019年3月にサービスが開始されたどんなときもWiFiですが、一体どのようなモバイルWiFiなのでしょうか?隅々まで解説していきます。

契約内容について

・契約期間

2年契約です。他社はほとんどが3年契約ですので良心的なサービスです。

2年以内の解約は、解約金がかかるので注意が必要です。

・料金プラン

料金プランは非常にシンプルで理解しやすい内容となっています。

基本情報
契約年数 2年
事務手数料 3,000円
契約した月 日割り計算(3,480➗利用日数)
1か月~24カ月目 3,480円
25か月目以降 3,980円
契約年数ごとの支払額
2年契約の場合 86,520円
3年契約の場合 134,280円
解約金
1か月~12カ月目 19,000円
13ケ月~24か月目 14,000円
25カ月目(更新月) 無料
26カ月目以降 9,500円

支払方法

『クレジットカード』『口座振替(月額200円)』『請求書払い(月額700円)』

通信について

通信速度

公式の最高速度と、実際に筆者が計測をした際の記録を載せます。

最高速度(公式発表) 実際速度(筆者が実際に測ってみた)
下り速度 150Mbps 29.89Mbps
上り速度 50Mbps 3.95Mbps

速度の数値を見ただけでは分からないと思うので、速度の基準は以下の通りです。

【参考】YouTubeを視聴する際に必要な速度(下り速度)

YouTubeの視聴に必要な速度
さらに高画質 5.0Mbps
高画質 2.5Mbps
普通の画質 1.1Mbps
低画質 0.7Mbps

この通り実際の速度で十分満足できることがわかると思います!

通信エリア

どんなときもWiFiの通信エリアは、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)を利用しています。なので、スマホ等と一緒だと考えていいでしょう。
スマホが繋がるなら、どんなときもWiFiも繋がると考えていいでしょう!
利用の都度、3社の中で最も最適な回線を選んでくれるので、十分な通信エリアであるということがわかります。

通信量

2020年12月現在では、通信量は無制限で利用できます。
いくら利用しようと通信制限にかかることはありません。

以上がどんなときもWiFiの基礎知識になります。次は実際に筆者がどんなときもWiFiを契約してみましたので簡単にレビューします。

実際にどんなときもWiFiを契約してみた!発送日や使い心地は?

すでに数台のモバイルWiFiを持つ筆者が体を張って『どんなときもWiFi』を契約してみました!時系列に沿って見ていくことにしましょう!

2019年7月25日 『申し込み』

ホームページの申し込みフォームから契約をしました!個人情報やクレジットカード情報を記入するだけなので約3分程度で終わりました!

申し込み後に、申し込み完了メールが届きました。

2019年7月27日 『端末がついに到着』

申し込みから2日後に、端末が届きました!

契約書類と黒い入れ物が入っていました。

箱の中身はこんな感じで端末や充電器が入っています。

2019年8月1日 『実際に利用してみた!』

どんなときもWiFiを神奈川県の横浜市にて利用してみました。まずは速度を計測。

次に皆様が最も気になるであろう動画視聴を試してみました。
今回実験に使うのは、『動画サービス』のYouTubeです。大量の通信量を使うYouTubeが問題なく見られれば、他のサービスは安心できると思います。

このような画質で、動画が止まることはほとんどありませんでした。
どんなときもWiFiは満足できる通信量だと思います。

【筆者の実体験まとめ】
  • 申し込みからすぐ届くので便利である

  • 端末入荷のメールなども届いていたので安心できる
  • 梱包などの細かい所までサービスが行き届いている
  • 通信速度は大満足。これで無制限はすごい!

実体験に基づいたレビューを記載していきましたが、次は本題である『どんなときもWiFi』をおすすめする理由について詳しく見ていきます!

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

先ほど簡単に説明しましたが、ここからはモバイルWiFi最大手のWiMAXとの比較を交えて詳しく解説していきます。

①通信量が『完全』に無制限である。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

モバイルWiFiの中で唯一、『通信量完全無制限』を実施しています。

いくら利用しても通信制限にかからないということはとても嬉しいことではないでしょうか?

同じくモバイルWiFiのWiMAXは、『実質』無制限という言葉を使っていますが、実際は三日で10GBという制限を設けております。

以下ではWiMAXの通信制限に関する嘆きのツイートをご紹介しておきます。

※どんなときもWiFiは、2020年12月現在は無制限で利用ができますが、利用者が増加すると規制をかける可能性も考えられます。
WiMAXは2013年のサービス開始し、2017年に現在の規制になっています。
2019年にサービス開始のどんなときもWiFiは、しばらくは無制限であると予想しています。

②エリアが広い

先ほども述べましたが、大手3社の回線を利用しているので『ほぼ日本全国』で利用できると考えていいでしょう。
また利用場所ごとに、最適な回線を自動で接続してくれるので安定的な通信が実現できています。

WiMAXの場合は、エリア拡大中ですので一部利用できないエリアが存在しています。

③料金が最安『級』である

どんなときもWiFiの料金は他社のモバイルWiFiと比較して、最安ではありませんが

『最安級』の料金となっています。

モバイルWiFiの料金を比較表でまとめたので確認してみてください。

どんなときもWiFi WiMAX ワイモバイル FUJIWiFi
月額料金 3,480円程度 3,300円程度 3,696円 6,000円程度
契約年数 2年 3年 3年 1ヶ月〜
通信量 無制限 3日で10GB 月7GB 無制限

それぞれ契約年数が異なるので、合計金額では一概には比較できませんので実質の月額料金を確認してみてください。

最安のWiMAXと比較するとあまり変わらないことが分かりますし、通信量を確認すると破格の安さということがわかります。

④契約プランが単純明快

どんなときもWiFiの契約プランは単純明快です。

月額料金が毎月同額なので支払いの管理等が非常に簡単です。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

反対に他社の場合だと以下のような基本料金に加えて、キャッシュバックなどの料金も入ってくるので、料金がよく分かりません。

長期契約するものは、支払い料金が複雑だと心配になると思います。その点で『どんなときもWiFi』はとても優良なサービスだと言えるでしょう。

⑤契約期間が2年間と短めである

どんなときもWiFiはモバイルWiFiの中で珍しく2年契約という短い契約期間です。

契約期間が短いと、以下のメリットがあるでしょう。

・途中で解約したくなった場合リスクが少ない

短期契約であればある程途中で解約する場合に、更新月(解約が無料の月)が近いので解約金がかかるリスクが減ります。

・新たな製品が出た際に乗り換えし易い

現在の製品と契約している時に、新たに高性能のモバイルWiFiが発売される可能性もあります。短期契約である程、乗り換えが簡単です。

この2点が短期契約のメリットとなります。

WiMAXをはじめとする多くのモバイルWiFiは3年契約なので、2年契約ができる『どんなときもWiFi』はおすすめだと分かります。

⑥海外でも利用することができる

どんなときもWiFiは、業界で初めて海外で利用することができます。
料金は以下の通りです。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

他社の海外専用ポケットWiFiと比較して以下の特徴があります。

・利用日分の料金しか請求されない

海外専用モバイルWiFiは、基本的にレンタル開始から返却まで日数分の請求が行われますがどんなときもWiFiは利用日分の料金しか請求されません。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

海外専用モバイルWiFiと比較した場合の料金がこちらになります。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

・紛失、盗難があっても弁償金がかからない

海外利用の基本料金の中に、保証が込みになっていますので関係ありません。

他にも海外利用でおすすめできるポイントや実体験を書いている記事がありますので、興味がある方はこちらでお願いします。

この6つが『どんなときもWiFi』以外では契約してはいけない理由になります。
しかしながら『どんなときもWiFi』には少々デメリットもあるので紹介します。

どんなときもWiFiのデメリットとは?2つ紹介します。

①3年目から料金が高額

どんなときもWiFiは、上記の料金表にも載せましたが3年目からは毎月500円増額するので注意が必要です。

確実に更新月である25ヶ月目には解約するようにしましょう。

※3年間利用する予定であれば、手間はかかりますが一度解約をしてから契約するのが良いかと思います。25ヶ月目に解約しないと高額な月額(3,980円)で新たな2年契約がスタートします。

②端末がレンタルである

これは僅かなデメリットなのですが、端末を返却する必要があります。
他社のモバイルWiFiは、基本的に契約したら自分の物となるので返却する必要性はありません。

もしも故障や紛失が起こってしまったら、18,000円の機器損害賠償が請求されてしまう可能性があるので注意してください!

どんなときもWiFiの評判ってどうなの?

2019年3月よりサービスが開始されている『どんなときもWiFi』ですが、評判はどのようになっているのでしょうか。先ほど挙げたメリット・デメリットに関する評判を中心に見ていくことにしましょう。

良い評判

どんなときもWiFiがあれば、固定回線だって必要なくなる可能性がありますね!

他のポケットWiFiと比較して、料金が安いということが分かります。塵も積もれば山となるですよ!

WiMAXとどちらを契約すべきか悩んでいる方は多いと思いますが、『WiMAXよりも確実にどんなときもWiFi!』という意見が多かったです。

以上で評判の紹介を終えますが、評判のうちのほとんどが良い評判でした。悪い評判を探すのにやや苦労しましたが、紹介します!

悪い評判

ソフトバンクばかり繋がるという評判がありました。接続する箇所にもよると思いますが。

悪い評判を探した所、『通信量・エリア・料金』等の重要な事項に関する悪い評判はほぼ見受けられなかったです。

以上でどんなときもWiFiで契約すべき6つの理由についての解説を終わりますが、最後にこの記事のまとめについて見てまいりましょう。

最後にもう一回確認しよう!この記事のまとめ

>どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

②端末がすぐに届くので便利!

③高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

①通信量が完全に無制限である!

→いくら使ってもも完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

③料金が最安級である

→WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

④契約プランが単純明快

→通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!