おすすめ記事

どんなときもWiFiでのキャッシュバックを貰える唯一の方法とは

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • 実は運営会社のホームページから契約するとキャッシュバックがもらえる?
  • 月額料金をあげたりしてうまく調整してるのでは?
  • キャッシュバックキャンペーンの申込方法とは?
  • キャッシュバックの受取方法とは?

「どんなときもWiFiはキャッシュバックとかあるの?」

「様々な記事で存在していないって書いてあるけどホント?」

2019年3月にサービスが開始されたどんなときもWiFiですが、実は5,000円のキャッシュバックを貰える方法が1つ存在しているのです。

結論から言いますと【運営会社のホームページ】経由で申し込むことなのです。
その契約・受取方法や注意点を、実際にどんなときもWiFiを契約している筆者が解説していきます。

この記事を読んで、最もお得かつ確実にどんなときもWiFiを契約しましょう!

どんなときもWiFiでキャッシュバックを貰う唯一の方法とは?

先ほども述べましたが、【運営会社のホームページ】を経由して申し込むことで、5,000円のキャッシュバックを貰えることができるのです。

まずは単純にネットで検索してどんなときもWiFiのホームページにいった場合の画面を見て見ましょう。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

特にキャッシュバックについての表記はありません。しかしながら、どんなときもWiFiの運営会社のホームページを経由するとこのようになっています。

 

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

詳しい契約方法については後ほど解説していきますが、運営会社のホームページを経由することでキャッシュバックが発生することが分かったと思います。

もしも5,000円のキャッシュバックを貰えた場合、料金はどのように変化していくのでしょうか。

通常の契約方法 通常の契約方法 限定キャンペーン
事務手数料 3,000円 3,000円
契約した月 日割り計算(3,480➗利用日数) 日割り計算(3,480➗利用日数)
1か月~24カ月目 3,480円 3,480円
キャッシュバック 5,000円 なし
合計金額 86,520円 81,520円

 

ここからわかる通り、どのキャンペーンを利用して契約したとしても通常料金等に一切変化はありませんが、限定キャンペーンは5,000円貰うことができます。

5,000円もあれば、『高級焼肉を食べにいく』『良い居酒屋で飲む』『ゲームカセットを買う』などなど夢が広がると思います。

契約する際は確実に限定キャンペーンを利用して契約することにしましょう。

 

※なぜ【運営会社のホームページ】から申し込むと5,000円貰えるの?

これはあくまで筆者の予想ですが、ホームページから契約することによってアクセスを増やし、他のサービスも知ってもらうためだと思います。
現在、どんなときもWiFiの運営会社である株式会社グッドラックは、他の回線も複数取り扱っています。

 
 

キャッシュバックキャンペーンでの契約方法

運営会社のホームページを経由して申し込むことで5,000円のキャッシュバックを貰えるということを簡単に説明しましたが、次は詳しい契約方法について説明していきます。

キャッシュバックキャンペーンで申し込む3ステップ

①株式会社グッドラックのホームぺージ経由でどんなときもWiFiのホームページへ

②どんなときもWiFiを申し込む

③登録したメールアドレスで手続きするので、普段から利用しているもので登録。

キャッシュバックキャンペーンで申し込む3ステップ

では画像付きで詳しく解説していきます。

 

①株式会社グッドラックのホームぺージ経由でどんなときもWiFiのホームページへ

まずは株式会社グッドラックのホームページにいきます。
興味がある方は株式会社グッドラックのホームページを検索してみてください。

事業内容をクリックすると5,000円キャッシュバックが貰える限定ホームページへいくことが出来ます。ここで申し込みをしましょう。

出典: https://good-luck-corporation.co.jp//

 

②どんなときもWiFiを申し込む

先ほどのページのページに行くと申し込みフォームがあります。
下記のような条件がありましたが申し込みの際に気をつけるのは2点だけです。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

 

①クレジットカード払いにする

②安心補償(月400円)に申し込む

安心補償は、初月が無料でいつでも解約できるので、不必要であればマイページから即解約しましょう。

 

この2点を満たさないとキャッシュバックはもらえません。

 

③登録したメールアドレスで手続きするので、普段から利用しているもので登録。

キャッシュバックの受取方法は後ほど確認しますが、登録したメールアドレスが必要になりますので普段から利用しているものにしましょう。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

以上がキャッシュバックキャンペーンで契約する方法になります。次は、キャッシュバックの受取方法を解説していきます。
 
 

キャッシュバックの受取方法を解説

上記で説明した申請方法の後に、キャッシュバックを受け取る3ステップを見ていきましょう!
※筆者はまだキャッシュバックを受け取ってないので説明だけになります。

キャッシュバックを受け取る3ステップ

①契約開始月を含む11ヶ月目にメールが届く

②メール内の申し込みフォームに従い口座情報等を入力する。

③申請月の末日に5,000円が振り込まれる。

それでは詳しく見ていきましょう。
 

①契約開始月を含む11ヶ月目にメールが届く

『契約開始月を含む11ヶ月目』なので、1月に契約した場合は11月です。

おそらくその頃には忘れていると思うのでカレンダー等に確実にメモすることにしましょう。

また、普段利用していないメールアドレスだと確実に見落とすので注意してください。

 

②メール内の申し込みフォームに従い口座情報等を入力する。

メール内の申請用URLに必要事項を記入します。

※注意点

手続きの期限はメールが到着した翌月の5日までです。11月にメールが届けば12月5日までに手続きをしなくてはなりません。

1日でも期限がすぎた場合は、権利がなくなってしまうので注意してください!

 

③申請月の末日に5,000円が振り込まれる。

申請を行なった月の末日に指定した口座へ5,000円が振り込まれます。
11月に申請した場合は11月末日、12月に申請した場合は12月末日です。

5,000円を思う存分に使いましょう!

以上がどんなときもWiFiで唯一、キャシュバックをもらうことができる方法です。
最後になりますが、今回紹介したどんなときもWiFiのメリット・デメリットを簡単にまとめましたのでご覧ください!
 
 

2020年10月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 

しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

まとめ

  • 運営会社のホームページからの申し込みで5,000円がもらえる
  • 『クレジット支払い』・『安心補償申し込み』で契約しなければならない。
  • キャッシュバックの申請は『メールの送付月』・『手続期限』に注意!

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiでキャッッシュバックを貰う唯一の方法』について解説をしていきました。

結論としては『運営会社のサイトから直接申し込む』『手続きに期間が空くので注意が必要』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です