モバイルWiFi比較

【経験談】どんなときもWiFiで固定回線の代用!3つのメリット2つのデメリットとは

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • どんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリット・デメリット
  • それぞれの契約すべき人とは?
  • 本当にどんなときもWiFiは無制限で満足できる通信が使えるの?

「どんなときもWiFiは固定回線として代用できる?」

「破格の値段で無制限に使えるどんなときもWiFiっておすすめ?」
「実際に固定回線ほどの通信速度が出るの?」

「どんなときもWiFiは動画等を十分利用できるの?」

2019年3月よりサービスが開始されたどんなときもWiFiですが、破格の値段で通信量無制限でネットを利用できます。
ここで疑問になるのが、どんなときもWiFi固定回線の必要性がなくなるのでは?ということです。
 
この記事では、どんなときもWiFiを固定回線と比較した場合のメリット・デメリットを解説してきます。
実際に両者とも契約しているの筆者の経験談も混ぜて解説していますので、ぜひご覧ください!
 

【結論】どんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリット・デメリットまとめ

後ほど詳しく解説をしていきますが、どんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリット・デメリットを表にまとめてみました。
※固定回線は最大手であるauひかりで比較しています、
 

月額 利用可能場所 利用開始日 同時接続可能人数 速度
どんなときもWiFi 3,480円程度 全国どこでも 最短で契約日から 5人 速い
固定回線 6,800円程度(工事費込み) 設置場所のみ 契約から1ヶ月程度かかる 100人以上 超速い

まずはこの表を頭に入れてもらった上で詳しく解説をしていきます。
 
 

どんなときもWiFiを固定回線と比較した際の3つのメリット

どんなときもWiFiには3つのメリットが存在していました!詳しくみていくことにしましょう。
 

①料金が圧倒的に安い

どんなときもWiFiは固定回線と比較して圧倒的に料金が安いです。
両者を2年間利用した際の料金を詳しくまとめてみました。

ポケットWiFi名 どんなときもWiFi auひかり
初期費用 3,000円 3,000円
1~2ヶ月目 3,480円 5,200円
3~24ヶ月目 3,480円 5,200
解約金 なし なし
工事費 なし 37,500円
合計金額 86,520円 165,300円

 
グラフを見ればその料金差に気づくと思いますが詳しくみていきましょう。
 

そもそもの月額に大きく差がある

どんなときもWiFiと固定回線は、月額で約2,000円も差があります。

2,000円を24ヶ月と考えただけでも28,000円となることがわかります。

 

どんなときもWiFiは工事費がかからない

圧倒的な料金差は、月額だけではありません。固定回線を利用したい場合は平均的に30,000円〜50,000円ほどの工事費がかかってしまうのです。
どんなときもWiFiは契約後すぐに利用できるので、初期費用と月額以外の出費はありません。
 

②持ち運びが可能なので、どこでも利用できる

どんなときもWiFiは持ち運びができるモバイルWiFiですので、外出時でも通信量を無制限でネットを利用することができます。
固定回線は、家やオフィス等の設置場所以外では利用することができません。

後ほど詳しいレビューを載せますが、外出時にDAZNやNetflixを通信量気にすることなく視聴できるようになります。

通勤電車で映画やスポーツ観戦ができるようになります。

 

③最短で契約日から利用できる

どんなときもWiFiは最短で契約日に端末を受け取って、そのまま利用することができます。
固定回線の場合は回線の工事を行う必要があるので、回線が利用できるようになるには最低でも1ヶ月程度はかかってしまいます。
 
回線工事の予約が1ヶ月先で取れましたが、いざ当日になったら実は契約した固定回線が利用できないマンションだと判明したことがあります。
これはまさに筆者の実体験なのですが、これによって数ヶ月ネットが利用できずに困りました。
最短で当日から利用できるどんなときもWiFiがどれだけありがたいことなのかお分かりいただけると思います。
 
以上の3つがどんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリットになります。
まとめると『料金が安い・どこでも利用できる・すぐ利用できる』というメリットがあることがわかりました。

次はデメリットをみていきましょう。
 
 

どんなときもWiFiを固定回線と比較した際の2つのデメリット

どんなときもWiFiには2つのデメリットが存在していました!
 

最大同時接続可能人数が圧倒的に少ない

固定回線はプランによって様々ですが1人〜1,000人程度のキャパを持っています。

しかし、どんなときもWiFiは5人まで同時に接続して利用できるとしています。
上限はあくまで参考なので一概には言えませんが、5人(台)接続すると速度が遅くなることが懸念されます。

ただ実際に筆者がiPhoneとMacBookでYouTubeを同時に繋げてみた際は、どちらとも難なく視聴することができました。

オフィスや家庭で、大人数で利用できないという点がデメリットです。
 

固定回線と比較すると通信速度が遅い

超高速な回線を利用できる固定回線と比較した場合は、どんなときもWiFiの速度は劣ってしまいます。
公式で発表されている最高速度と実際に計測してみた速度を載せます。

  公式最高速度(上り/下り) 実際の速度(筆者宅)
どんなときもWiFi 50Mbps/150Mbps 3.95Mbps/29.89Mbps
auひかり 1,000Mbps/1,000Mbps 300〜400Mbps/350〜500Mbps

 
 
ここからわかる通り固定回線の方が圧倒的に速いです。
 
しかしながら実際は10Mbps程度出ていれば満足できる速さです。
速いに越したことはありませんが、実感としては対して変わりません。
速度の数値をみただけでは何もわからないかと思いますので、YouTubeを視聴するのに必要な速度を参考に載せます。
 

YouTubeの視聴に必要な速度
さらに高画質 5.0Mbps
高画質 2.5Mbps
普通の画質 1.1Mbps
低画質 0.7Mbps

 
 
ここからわかる通り、どんなときもWiFiも動画を十分に利用できる速度ですので安心してください!
数値だけでは信頼できないと思いますので後ほど、筆者がどんなときもWiFiでDAZNを利用した際のレビューを載せています。

 
以上でデメリットの解説を終わります。
次は、『どんなときもWiFiをおすすめする人』・『l固定回線をおすすめする人』で分けて解説していきます。
 
 

どんなときもWiFi or 固定回線をおすすめする人

どんなときもWiFiをおすすめする人・固定回線をおすすめする人を分けてみました!
 

どんなときもWiFiをおすすめする人

①とにかく料金をお得にしたい人

月額で2,000円、2年間合計で80,000円の差がでます。
よりお得にネット環境を整えたい人はどんなときもWiFi一択です。

浮いた80,000円で海外旅行だってできるのでは無いでしょうか!

 

②工事等の余計な手続きが面倒な方

どんなときもWiFiは、端末が届き次第利用することができます。固定回線は回線工事の予約や回線を入れる場所など考えることがいっぱいです。
新たに一人暮らしを始める方などに大変おすすめできます。
 

③外出時等持ち運びしながら利用したい人

どんなときもWiFiは、名前の通り『どんなときでも・どんな場所でも』利用できます。

外出時も動画視聴したい方・PC等を利用する方にはもってこいです。

 

④大人数で利用する予定では無い方

どんなときもWiFiは5台までしか接続できないと説明をしました。

どちらかというと個人向けです。一人暮らしの方や小規模の家族等にはおすすめできます。
 

固定回線をおすすめする方

固定回線をおすすめする方は以下2つの特徴を持つ方です!
 

①高速な通信速度が必要な方

大量の通信を多数の機器同時に利用する場合は、固定回線が向いています。
オンラインゲーム等の大量に通信を複数の機器にわたって利用するなどです。

しかしながら、どんなときもWiFiでもNintendo Switchは利用できましたので複数の機器でなければ大丈夫だと言えます!
 

②大人数でネットを利用する方

固定回線はどんなときもWiFiの数十倍は同時接続可能人数が多いので、オフィスや大家族で複数の機器を接続する必要がある場合は、固定回線一択です。
 
以上でそれぞれをおすすめする人について解説しました。
ただ、どんなときもWiFiは本当に動画視聴サービス等を利用できるのか心配な方が大勢いると思います
筆者が実際に通勤電車の中で『非常に多くの通信量を使う、生中継かつ高画質なDAZN』を視聴してみましたのでその時のレビューを載せます。
 
 

通勤電車の中でDAZNを視聴してみた?果たして繋がるのか?

プロ野球のソフトバンクvsライオンズ戦を、どんなときもWiFiでDAZNを視聴してみました。

・プレイボール時間:2019年9月2日(日)7時30分 ・閲覧場所:都内の電車内で
 

画質はどうなのか?

皆さまが、まず気になるのは「画質」だと思います。その時の画質がこの通り。

十分に見ることができました!ボールを見失うことなど一切ありませんでした。
 

通信量は大丈夫なのか?

先ほど記載した通り、どんなときもWiFiは通信量が無制限に利用することができます。 いくら生中継で多くの通信量を利用したとしても制限にかかったり少々遅くなったりすることはありませんので安心してください!
 

途中で画面が止まることはなかった?

結論から言うと短い停止が3回ありました。ただこの停止がDAZNかどんなときもWiFiのどちらかに原因があるとはわからないです。 ただ言えることは特に不便に感じなかったです。 ここからわかる通り、DAZNはどんなときもWiFiの回線で十分に利用できるということが分かりました。
 
画像のみでDAZNを視聴できるということを説明していきましたが、数値でも証明してもらわないと困るという方へ、速度の数値で解説していきます。

DAZNの視聴に必要な速度

DAZNに必要な速度をまとめてみました。

DAZNの視聴に必要な速度
高画質 9.0Mbps
通常画質 5.5Mbps

 

どんなときもWiFiの実際の速度

神奈川県の横浜市にて筆者が実際に計測した速度を載せます。(ダウンロードの速度が動画視聴に必要な速度です。)

ここからわかる通り数値的に見ても、「どんなときもWiFiでDAZNは視聴することができる」ということが分かりました。

以上でどんなときもWiFiと固定回線の比較を終えますが、固定回線を契約する前にどこでも利用できるどんな時もWiFiの契約を考えてはいかがでしょうか?

今回紹介したこと以外にも、どんなときもWiFiをおすすめできる理由があります。
実際に契約した筆者がメリット・デメリットや利用した感想を簡単にまとめます。

2020年10月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • どんなときもWiFiは固定回線と比較して『安い・手続きが簡単・どこでも利用できる』
  • 固定回線は『速度・接続人数』で優れている。
  • どんなときもWiFiは少人数での動画視聴などには十分利用できる。
  • 固定回線を契約する前にどんなときもWiFiも選択肢に入れるべき!

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiと固定回線の比較』について解説をしていきました。

結論としては『どんなときもWiFiは「安い・どこでも利用できる・すぐ利用できる」』『固定回線は「安定して速い・大人数に向いている」』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です