【実体験】どんなときもWiFiでamazonプライムビデオは見られるのか?

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • そもそもどんなときもWiFiとは「ポケットwi-fi」のことである。
  • どんなときもWiFiでamazonプライムビデオは十分快適に見ることができる!
  • 「画質・通信容量・通信速度」の面から見ても重要である!

「通勤中もamazonプライムビデオを見たいけどなんか方法ない?」

「通信量無制限のポケットWiFi『どんなときもWiFi』を契約して見ようかな」
「どんなときもWiFiの通信速度でamazonプライムビデオって見れるの?」

2019年3月からサービスが開始された『どんなときもWiF』ですが、amazonプライムビデオを満足にみることができるのでしょうか?
利用者が多くなってきたamazonプライムビデオはスマホで見ることができるので神の様なサービスですが、『どんなときもWiFiの通信速度で見られる?』ということが心配だと思います。

この記事では、実際にどんなときもWiFiとamazonプライムビデオを契約している筆者が、「どんなときもWiFiでamazonプライムビデオは見られるのか」を超シンプルに解説をしていきたいと思います。

【結論】どんなときもWiFiでamazonプライムビデオは比較的快適に見ることができました!

出典: https://www.amazon.co.jp/Prime-Video/

筆者が都内某所で、どんなときもWiFiを接続してamazonプライムビデオを見た結果、「比較的快適に見ることができました!」

帰りの通勤電車で見たいものいえばと映画では無いでしょうか!電車で帰路についている筆者がamazonプライムビデオで映画を見ることにしました!
画質は以下の通りです(諸事情によりPCでスクショしています)。

電波もほとんど途切れることなく見ることができました!
まずは結論から簡単に述べさせていただきましたが、まずは基礎知識としてそもそもどんなときもWiFiとは何かを解説していきます。

【基礎知識】どんなときもWiFiとは?

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

どんなときもWiFiは、2019年3月より開始された比較的新しいサービスですので、簡単ですがご紹介していきます。
※既に知っている方は飛ばしてください。

どんなときもWiFiを一言で説明すると、持ち運びが可能な超高速Wi-Fiです。 いわゆるモバイルWi-Fiの一種です。 どんなときもWiFiそのものにはスマホのような機能があるわけではなく、スマホやパソコンをどんなときもWiFiの電波を利用することでインターネットを高速で利用出来るようになります。
どんなときもWiFiの基本情報を4つにまとめましたので説明していきます。

①月額料金はいくら?

毎月3,480円で利用することができます。
他のポケットwi-fiと比較して最安級となっています。

②通信制限はあるの?

通信量がどんなときもWiFiの最大の特徴ですが、通信制限が存在していません。いくら使おうと通信制限にならないと言う夢のような回線です。

③入手方法は?

どんなときもWiFiは基本的にネットで申し込んで、最短で翌日には端末が発送されます。特にお店などに行く必要がありませんので比較的簡単に契約できます。

④通信可能エリアは?

同じくどんなときもWiFiの特徴になるのですが、通信可能エリアがものすごく広いです。
大手3社の回線を利用しているのでほぼ日本全国利用できると考えていいでしょう。

他社のポケットWiFiは、1社分の回線しか利用しておらず場所によっては都心部であっても繋がりにくい可能性もあります。

以上で「どんなときもWiFiとは何か?」になります。
要するに格安で無制限に通信を利用できるポケットWiFiだ!とわかって頂けたらいいでしょう!

続いては筆者が実際にどんなときもWiFiでamazonプライムビデオを利用しましたのでその時のレビューをしていきたいと思います。

どんなときもWiFiでamazonプライムビデオを利用してみた

  • 映画タイトル:アバウトタイム
  • 閲覧場所:都内の電車内で
  • 時間:AM10:30頃

画質はどうなのか?

皆さまが、まず気になるのは「画質」だと思います。その時の画質がこの通り。

十分に見ることができました!画面が見え辛いなどは一切ありませんでした。

通信量は大丈夫なのか?

先ほど記載した通り、どんなときもWiFiは通信量が無制限に利用することができます。
いくら高画質の映画で多くの通信量を利用したとしても制限にかかったり少々遅くなったりすることはありませんので安心してください!

途中で画面が止まることはなかった?

ほとんどありませんでした!特に不便に感じなかったです。

ここからわかる通り、amazonプライムビデオはどんなときもWiFiの回線で十分に利用できるということが分かりました。
画像のみでamazonプライムビデオを視聴できるということを説明していきましたが、数値でも証明してもらわないと困るという方へ、速度の数値で解説していきます。

どんなときもWiFiの速度とamazonプライムビデオ視聴に必要な速度の比較

どんなときもWiFiの速度は、amazonプライムビデオの視聴に十分なのでしょうか?
実際に筆者が計測した速度を元にみていきましょう。

amazonプライムビデオの視聴に必要な速度

amazonプライムビデオに必要な速度をまとめてみました。

amazonプライムビデオの視聴に必要な速度(下り速度)
超高画質 15Mbps
高画質 3.5Mbps
通常画質 900kbps

どんなときもWiFiの公式最高速度と実際の速度

神奈川県の横浜市にて筆者が実際に計測した速度を載せます。

ダウンロードの数値が動画視聴に必要なので、「どんなときもWiFiでamazonプライムビデオは視聴することができる」ということが分かりました。

どんなときもWiFiでamazonプライムビデオを利用できるということが分かりましたが、最後にどんなときもWiFiをおすすめする理由を簡単に解説させていただきます。

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

端末がすぐに届くので便利!

高画質の映画という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

まとめ

  • どんなときもWiFiでamazonプライムビデオは視聴することができる!
  • 通信速度の数値的にも十分視聴が可能なことがわかった!
  • 通勤電車での視聴はいかがでしょうか?

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiでamazonプライムビデオは視聴することができるのか?』について解説をしていきました。

結論としては『どんなときもWiFiでamazonプライムビデオは十分視聴することができる!』『通信制限にも一切かからない!』ということがわかりました。

別の記事では、『どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 そもそもどんなときもWiFiとは「ポケットwi-fi」のことである。 […]

-->

どんなときもWiFiとソフトバンクエアーを比較!おすすめは?

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • どんなときもWiFiをソフトバンクエアーと比較した際のメリット・デメリット
  • それぞれの契約すべき人とは?
  • 本当にどんなときもWiFiは無制限で満足できる通信が使えるの?

「どんなときもWiFiはソフトバンクエアーとして代用できる?」
「破格の値段で無制限に使えるどんなときもWiFiっておすすめ?」
「どんなときもWiFiは固定回線ほどの通信速度が出るの?」

「どんなときもWiFiは動画等を十分利用できるの?」

 
2019年3月よりサービスが開始されたどんなときもWiFiですが、破格の値段で通信量無制限でネットを利用できます。
ここで疑問になるのが、どんなときもWiFiと同じく通信量無制限ソフトバンクエアーの必要性がなくなるのでは?ということです。

この記事では、どんなときもWiFiをソフトバンクエアーと比較した場合のメリット・デメリットを解説してきます。
実際に両者とも契約しているの筆者の経験談も混ぜて解説していますので、ぜひご覧ください!
 

【結論】どんなときもWiFiをソフトバンクエアーと比較した際のメリット・デメリットまとめ

後ほど詳しく解説をしていきますが、どんなときもWiFiをソフトバンクエアーと比較した際のメリット・デメリットを表にまとめてみました。
 

月額 利用可能場所 速度の評判 同時接続可能人数
どんなときもWiFi 3,480円程度 全国どこでも 超良い 5人
ネクストモバイル 7,500円程度(端末代込み) 設置場所のみ 悪い 64人

 
まずはこの表を頭に入れてもらった上で詳しく解説をしていきます。
 
 

どんなときもWiFiをソフトバンクエアーと比較した際の3つのメリット

どんなときもWiFiには3つのメリットが存在していました!詳しくみていくことにしましょう。
 

①料金が圧倒的に安い

どんなときもWiFiはソフトバンクエアーと比較して圧倒的に料金が安いです。
両者を2年間利用した際の料金を詳しくまとめてみました。
 

ポケットWiFi名 どんなときもWiFi ソフトバンクエアー
初期費用 3,000円 3,000円
1~24ヶ月目 3,480円 4,880円
解約金 なし なし
端末代 なし 58,320円
合計金額 86,520円 175,440円

 
グラフを見ればその料金差に気づくと思いますが詳しくみていきましょう。
 

そもそもの月額に大きく差がある

どんなときもWiFiとソフトバンクエアーは、月額で1,500円も差があります。

1,500円を24ヶ月と考えただけでも36,000円となることがわかります。

 

ソフトバンクエアーは端末代を3年間かけて支払う

ソフトバンクエアーは2年契約できますが、端末代は3年間の分割支払いになります。

もしも2年契約を満了して解約した場合は、別途端末代が取られてしまうのです。

端末をレンタルする方法もありますが、月額490円も値上がりするので、2年間で10,000円以上は出費することになります。
 

②持ち運びが可能なので、どこでも利用できる

どんなときもWiFiは持ち運びができるモバイルWiFiですので、外出時でも通信量を無制限でネットを利用することができます。
ソフトバンクエアーは、家やオフィス等の電源がある場所以外では利用することができません。

後ほど詳しいレビューを載せますが、どんなときもWiFiを利用することで外出時にDAZNやNetflixを通信量気にすることなく視聴できるようになります。
通勤電車で映画やスポーツ観戦ができるようになります。
 

③速度に関する評判が良い

どんなときもWiFiは大手3キャリアの回線を利用できるため、速度が非常に安定していてエリアも広いです。
評判をいくつか見ていきましょう。
 


 

一概には言えませんが、ほとんどが良い評判で埋まっていました。
反対にソフトバンクエアーの評判を見てみましょう。
 


 


 
このように『通信速度が遅すぎる!』という評判に溢れていました。
原因としては、ソフトバンクエアーはエリアが以下の通りあまり広くないためだと考えています。
 

出典https://www.wirelesscity.jp/area/map/
 
また、通信に満足行かなくてソフトバンクエアーを解約したいと思っても、一度契約すると解約金が相当高額になる仕組みなので、契約を悩んでいる方は慎重に考える必要があります。
 


 

通信速度の規制などがない

どんなときもWiFiは、以下の通り不正アクセス等を行なった場合規制がかかる可能性があります。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
 
反対に、ソフトバンクエアーのホームページには、小さく注意書きで気になる記載がありました。※実寸大で載せています。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
 
小さくて見にくいですが要するに『通信が混む夜間等は速度制限するね』とのことです。
最も利用したい時間に動画等を規制されてしまうのであれば、契約する必要性すら疑ってしまいます。

以上の3つがどんなときもWiFiをソフトバンクエアーと比較した際のメリットになります。
まとめると『料金が安い・どこでも利用できる・すぐ利用できる』というメリットがあることがわかりました。

次はデメリットをみていきましょう。
 
 

どんなときもWiFiをソフトバンクエアーと比較した際の1つのデメリット

どんなときもWiFiには1つのデメリットが存在していました!
 

①最大同時接続可能人数が圧倒的に少ない

ソフトバンクエアーは64人程度のキャパを持っています。
しかし、どんなときもWiFiは5人まで同時に接続して利用できるとしています。
上限はあくまで参考なので一概には言えませんが、5人(台)接続すると速度が遅くなることが懸念されます。
 
ただ、実際に筆者がiPhoneとMacBookでYouTubeを繋げてみた際は、どちらとも難なく視聴することができました。
オフィスや家庭で、大人数で利用できないという点がデメリットです。
 
以上でデメリットの解説を終わります。
次は、『どんなときもWiFiをおすすめする人』・『ソフトバンクエアーをおすすめする人』で分けて解説していきます。
 
 

どんなときもWiFi or ソフトバンクエアーをおすすめする人

どんなときもWiFiをおすすめする人・ソフトバンクエアーをおすすめする人を分けてみました!
 

どんなときもWiFiをおすすめする人

 

①とにかく料金をお得にしたい人

月額で1,500円、端末代合わせて2年間合計で90,000円の差が出ます。

よりお得にネット環境を整えたい人はどんなときもWiFi一択です。

浮いた90,000円で海外旅行だってできるのでは無いでしょうか!
 

②安定した通信を楽しみたい方

どんなときもWiFiは、大手3キャリアの回線が利用できるため通信速度が安定していますしエリアも広いです。
 

③外出時等持ち運びしながら利用したい人

どんなときもWiFiは、名前の通り『どんなときでも・どんな場所でも』利用できます。
外出時も動画視聴したい方・PC等を利用する方にはもってこいです。
 

④大人数で利用する予定では無い方

どんなときもWiFiは5台までしか接続できないと説明をしました。

どちらかというと個人向けです。一人暮らしの方や小規模の家族等にはおすすめできます。
 

ソフトバンクエアーをおすすめする方

ソフトバンクエアーをおすすめする方は以下2つの特徴を持つ方です!
 

①大人数でネットを利用する方

ソフトバンクエアーはどんなときもWiFiの数倍は同時接続可能人数が多い

ので、オフィスや大家族で複数の機器を接続する必要がある場合は、ソフトバンクエアーがおすすめです。
 
以上でそれぞれをおすすめする人について解説しました。
ただ、どんなときもWiFiは本当に動画視聴サービス等を利用できるのか心配な方が大勢いると思います
筆者が実際に通勤電車の中で『非常に多くの通信量を使う、生中継かつ高画質なDAZN』を視聴してみましたのでその時のレビューを載せます。
 
 

通勤電車の中でDAZNを視聴してみた?果たして繋がるのか?

プロ野球のソフトバンクvsライオンズ戦を、どんなときもWiFiでDAZNを視聴してみました。

・プレイボール時間:2019年9月2日(日)7時30分 ・閲覧場所:都内の電車内で
 

画質はどうなのか?

皆さまが、まず気になるのは「画質」だと思います。その時の画質がこの通り。

十分に見ることができました!ボールを見失うことなど一切ありませんでした。
 

通信量は大丈夫なのか?

先ほど記載した通り、どんなときもWiFiは通信量が無制限に利用することができます。 いくら生中継で多くの通信量を利用したとしても制限にかかったり少々遅くなったりすることはありませんので安心してください!
 

途中で画面が止まることはなかった?

結論から言うと短い停止が3回ありました。ただこの停止がDAZNかどんなときもWiFiのどちらかに原因があるとはわからないです。 ただ言えることは特に不便に感じなかったです。 ここからわかる通り、DAZNはどんなときもWiFiの回線で十分に利用できるということが分かりました。
 
画像のみでDAZNを視聴できるということを説明していきましたが、数値でも証明してもらわないと困るという方へ、速度の数値で解説していきます。
 

DAZNの視聴に必要な速度

DAZNに必要な速度をまとめてみました。

DAZNの視聴に必要な速度
高画質 9.0Mbps
通常画質 5.5Mbps

 

どんなときもWiFiの実際の速度

神奈川県の横浜市にて筆者が実際に計測した速度を載せます。(ダウンロードの速度が動画視聴に必要な速度です。)

ここからわかる通り数値的に見ても、「どんなときもWiFiでDAZNは視聴することができる」ということが分かりました。

以上でどんなときもWiFiとソフトバンクエアーの比較を終えますが、ソフトバンクエアーを契約する前にどこでも利用できるどんな時もWiFiの契約を考えてはいかがでしょうか?

今回紹介したこと以外にも、どんなときもWiFiをおすすめできる理由があります。
実際に契約した筆者がメリット・デメリットや利用した感想を簡単にまとめます。
 
 

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • どんなときもWiFiはソフトバンクエアーと比較して『安い・速度が速い・どこでも利用できる』
  • ソフトバンクエアーは『接続人数』で優れている。
  • どんなときもWiFiは少人数での動画視聴などには十分利用できる。
  • ソフトバンクエアーを契約する前にどんなときもWiFiも選択肢に入れるべき!

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiとソフトバンクエアーの比較』について解説をしていきました。

結論としては『どんなときもWiFiは「安い・評判が良い・どこでも利用できる」』『ソフトバンクエアーは「大人数に向いている」』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 どんなときもWiFiをソフトバンクエアーと比較した際のメリット・デメ […]

-->

【経験談】どんなときもWiFiで固定回線の代用!3つのメリット2つのデメリットとは

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • どんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリット・デメリット
  • それぞれの契約すべき人とは?
  • 本当にどんなときもWiFiは無制限で満足できる通信が使えるの?

「どんなときもWiFiは固定回線として代用できる?」

「破格の値段で無制限に使えるどんなときもWiFiっておすすめ?」
「実際に固定回線ほどの通信速度が出るの?」

「どんなときもWiFiは動画等を十分利用できるの?」

2019年3月よりサービスが開始されたどんなときもWiFiですが、破格の値段で通信量無制限でネットを利用できます。
ここで疑問になるのが、どんなときもWiFi固定回線の必要性がなくなるのでは?ということです。
 
この記事では、どんなときもWiFiを固定回線と比較した場合のメリット・デメリットを解説してきます。
実際に両者とも契約しているの筆者の経験談も混ぜて解説していますので、ぜひご覧ください!
 

【結論】どんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリット・デメリットまとめ

後ほど詳しく解説をしていきますが、どんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリット・デメリットを表にまとめてみました。
※固定回線は最大手であるauひかりで比較しています、
 

月額 利用可能場所 利用開始日 同時接続可能人数 速度
どんなときもWiFi 3,480円程度 全国どこでも 最短で契約日から 5人 速い
固定回線 6,800円程度(工事費込み) 設置場所のみ 契約から1ヶ月程度かかる 100人以上 超速い

まずはこの表を頭に入れてもらった上で詳しく解説をしていきます。
 
 

どんなときもWiFiを固定回線と比較した際の3つのメリット

どんなときもWiFiには3つのメリットが存在していました!詳しくみていくことにしましょう。
 

①料金が圧倒的に安い

どんなときもWiFiは固定回線と比較して圧倒的に料金が安いです。
両者を2年間利用した際の料金を詳しくまとめてみました。

ポケットWiFi名 どんなときもWiFi auひかり
初期費用 3,000円 3,000円
1~2ヶ月目 3,480円 5,200円
3~24ヶ月目 3,480円 5,200
解約金 なし なし
工事費 なし 37,500円
合計金額 86,520円 165,300円

 
グラフを見ればその料金差に気づくと思いますが詳しくみていきましょう。
 

そもそもの月額に大きく差がある

どんなときもWiFiと固定回線は、月額で約2,000円も差があります。

2,000円を24ヶ月と考えただけでも28,000円となることがわかります。

 

どんなときもWiFiは工事費がかからない

圧倒的な料金差は、月額だけではありません。固定回線を利用したい場合は平均的に30,000円〜50,000円ほどの工事費がかかってしまうのです。
どんなときもWiFiは契約後すぐに利用できるので、初期費用と月額以外の出費はありません。
 

②持ち運びが可能なので、どこでも利用できる

どんなときもWiFiは持ち運びができるモバイルWiFiですので、外出時でも通信量を無制限でネットを利用することができます。
固定回線は、家やオフィス等の設置場所以外では利用することができません。

後ほど詳しいレビューを載せますが、外出時にDAZNやNetflixを通信量気にすることなく視聴できるようになります。

通勤電車で映画やスポーツ観戦ができるようになります。

 

③最短で契約日から利用できる

どんなときもWiFiは最短で契約日に端末を受け取って、そのまま利用することができます。
固定回線の場合は回線の工事を行う必要があるので、回線が利用できるようになるには最低でも1ヶ月程度はかかってしまいます。
 
回線工事の予約が1ヶ月先で取れましたが、いざ当日になったら実は契約した固定回線が利用できないマンションだと判明したことがあります。
これはまさに筆者の実体験なのですが、これによって数ヶ月ネットが利用できずに困りました。
最短で当日から利用できるどんなときもWiFiがどれだけありがたいことなのかお分かりいただけると思います。
 
以上の3つがどんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリットになります。
まとめると『料金が安い・どこでも利用できる・すぐ利用できる』というメリットがあることがわかりました。

次はデメリットをみていきましょう。
 
 

どんなときもWiFiを固定回線と比較した際の2つのデメリット

どんなときもWiFiには2つのデメリットが存在していました!
 

最大同時接続可能人数が圧倒的に少ない

固定回線はプランによって様々ですが1人〜1,000人程度のキャパを持っています。

しかし、どんなときもWiFiは5人まで同時に接続して利用できるとしています。
上限はあくまで参考なので一概には言えませんが、5人(台)接続すると速度が遅くなることが懸念されます。

ただ実際に筆者がiPhoneとMacBookでYouTubeを同時に繋げてみた際は、どちらとも難なく視聴することができました。

オフィスや家庭で、大人数で利用できないという点がデメリットです。
 

固定回線と比較すると通信速度が遅い

超高速な回線を利用できる固定回線と比較した場合は、どんなときもWiFiの速度は劣ってしまいます。
公式で発表されている最高速度と実際に計測してみた速度を載せます。

  公式最高速度(上り/下り) 実際の速度(筆者宅)
どんなときもWiFi 50Mbps/150Mbps 3.95Mbps/29.89Mbps
auひかり 1,000Mbps/1,000Mbps 300〜400Mbps/350〜500Mbps

 
 
ここからわかる通り固定回線の方が圧倒的に速いです。
 
しかしながら実際は10Mbps程度出ていれば満足できる速さです。
速いに越したことはありませんが、実感としては対して変わりません。
速度の数値をみただけでは何もわからないかと思いますので、YouTubeを視聴するのに必要な速度を参考に載せます。
 

YouTubeの視聴に必要な速度
さらに高画質 5.0Mbps
高画質 2.5Mbps
普通の画質 1.1Mbps
低画質 0.7Mbps

 
 
ここからわかる通り、どんなときもWiFiも動画を十分に利用できる速度ですので安心してください!
数値だけでは信頼できないと思いますので後ほど、筆者がどんなときもWiFiでDAZNを利用した際のレビューを載せています。

 
以上でデメリットの解説を終わります。
次は、『どんなときもWiFiをおすすめする人』・『l固定回線をおすすめする人』で分けて解説していきます。
 
 

どんなときもWiFi or 固定回線をおすすめする人

どんなときもWiFiをおすすめする人・固定回線をおすすめする人を分けてみました!
 

どんなときもWiFiをおすすめする人

①とにかく料金をお得にしたい人

月額で2,000円、2年間合計で80,000円の差がでます。
よりお得にネット環境を整えたい人はどんなときもWiFi一択です。

浮いた80,000円で海外旅行だってできるのでは無いでしょうか!

 

②工事等の余計な手続きが面倒な方

どんなときもWiFiは、端末が届き次第利用することができます。固定回線は回線工事の予約や回線を入れる場所など考えることがいっぱいです。
新たに一人暮らしを始める方などに大変おすすめできます。
 

③外出時等持ち運びしながら利用したい人

どんなときもWiFiは、名前の通り『どんなときでも・どんな場所でも』利用できます。

外出時も動画視聴したい方・PC等を利用する方にはもってこいです。

 

④大人数で利用する予定では無い方

どんなときもWiFiは5台までしか接続できないと説明をしました。

どちらかというと個人向けです。一人暮らしの方や小規模の家族等にはおすすめできます。
 

固定回線をおすすめする方

固定回線をおすすめする方は以下2つの特徴を持つ方です!
 

①高速な通信速度が必要な方

大量の通信を多数の機器同時に利用する場合は、固定回線が向いています。
オンラインゲーム等の大量に通信を複数の機器にわたって利用するなどです。

しかしながら、どんなときもWiFiでもNintendo Switchは利用できましたので複数の機器でなければ大丈夫だと言えます!
 

②大人数でネットを利用する方

固定回線はどんなときもWiFiの数十倍は同時接続可能人数が多いので、オフィスや大家族で複数の機器を接続する必要がある場合は、固定回線一択です。
 
以上でそれぞれをおすすめする人について解説しました。
ただ、どんなときもWiFiは本当に動画視聴サービス等を利用できるのか心配な方が大勢いると思います
筆者が実際に通勤電車の中で『非常に多くの通信量を使う、生中継かつ高画質なDAZN』を視聴してみましたのでその時のレビューを載せます。
 
 

通勤電車の中でDAZNを視聴してみた?果たして繋がるのか?

プロ野球のソフトバンクvsライオンズ戦を、どんなときもWiFiでDAZNを視聴してみました。

・プレイボール時間:2019年9月2日(日)7時30分 ・閲覧場所:都内の電車内で
 

画質はどうなのか?

皆さまが、まず気になるのは「画質」だと思います。その時の画質がこの通り。

十分に見ることができました!ボールを見失うことなど一切ありませんでした。
 

通信量は大丈夫なのか?

先ほど記載した通り、どんなときもWiFiは通信量が無制限に利用することができます。 いくら生中継で多くの通信量を利用したとしても制限にかかったり少々遅くなったりすることはありませんので安心してください!
 

途中で画面が止まることはなかった?

結論から言うと短い停止が3回ありました。ただこの停止がDAZNかどんなときもWiFiのどちらかに原因があるとはわからないです。 ただ言えることは特に不便に感じなかったです。 ここからわかる通り、DAZNはどんなときもWiFiの回線で十分に利用できるということが分かりました。
 
画像のみでDAZNを視聴できるということを説明していきましたが、数値でも証明してもらわないと困るという方へ、速度の数値で解説していきます。

DAZNの視聴に必要な速度

DAZNに必要な速度をまとめてみました。

DAZNの視聴に必要な速度
高画質 9.0Mbps
通常画質 5.5Mbps

 

どんなときもWiFiの実際の速度

神奈川県の横浜市にて筆者が実際に計測した速度を載せます。(ダウンロードの速度が動画視聴に必要な速度です。)

ここからわかる通り数値的に見ても、「どんなときもWiFiでDAZNは視聴することができる」ということが分かりました。

以上でどんなときもWiFiと固定回線の比較を終えますが、固定回線を契約する前にどこでも利用できるどんな時もWiFiの契約を考えてはいかがでしょうか?

今回紹介したこと以外にも、どんなときもWiFiをおすすめできる理由があります。
実際に契約した筆者がメリット・デメリットや利用した感想を簡単にまとめます。

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • どんなときもWiFiは固定回線と比較して『安い・手続きが簡単・どこでも利用できる』
  • 固定回線は『速度・接続人数』で優れている。
  • どんなときもWiFiは少人数での動画視聴などには十分利用できる。
  • 固定回線を契約する前にどんなときもWiFiも選択肢に入れるべき!

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiと固定回線の比較』について解説をしていきました。

結論としては『どんなときもWiFiは「安い・どこでも利用できる・すぐ利用できる」』『固定回線は「安定して速い・大人数に向いている」』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 どんなときもWiFiを固定回線と比較した際のメリット・デメリット そ […]

-->

【実体験】どんなときもWiFiとネクストモバイルを5項目に分けて比較!

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • どんなときもWiFiをネクストモバイルと5項目(通信・契約期間・料金・海外・評判)に分けて比較・解説。
  • 結局どっちがおすすめなのか?
  • どんなときもWiFi or ネクストモバイル。向いている人とは?

「どんなときもWiFiとネクストモバイルどっちがおすすめ?」

「なにをどう比較したらいいの?」
「結局どっちがおすすめ?」

2019年3月からサービスが開始された『どんなときもWiFi』ですが、同じくモバイルWiFi大手のネクストモバイルと比較してどちらがおすすめなのでしょうか?
この記事では、実際にどんなときもWiFiとネクストモバイルを契約している筆者が、比較項目を5つに分けて解説をしていきます。
 

この記事を読んで、『どんなときもWiFi』と『ネクストモバイル』を比較して、自分にあったポケットWiFiで契約するようにしましょう!

 
 

どんなときもWiFiとネクストモバイルの比較表で比べてみる!

どんなときもWiFiとネクストモバイルを以下の通り5項目に分けて、比較表を作成しましたのでまずはご覧ください。
※ネクストモバイルはプランが3つありますので、最安のプランを記載しています。
 

通信量 契約期間 料金 海外 評判
どんなときもWiFi 無制限 3,480円程度 2年 利用可能 ものすごく良い
ネクストモバイル 3日で20GBまで 2,760円程度 2年 利用不可 良い

 
総合的に見ると、どんなときもWiFiがおすすめであることが良くわかると思います。
それでは各項目について詳しく見ていくことにしましょう!
 
 

比較項目① 通信を比較してみた

まずは最も重要であろう通信について比較していきます。
 

通信量

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiは、通信量を『完全』無制限で利用できます。
いくら利用しても通信制限になることはありません、

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
 

ネクストモバイル

出典: https://next-mobile.jp//
 
上記の画像の通りネクストモバイルは、いくつかプランが存在しています。
自分の必要な通信量で契約できるのは嬉しいことだと思います。
 
 

通信エリア

 

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiは、大手3キャリア(ソフトバンク・ドコモ・au)の回線を利用しています。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
 

ネクストモバイル

出典: https://next-mobile.jp//
ネクストモバイルはソフトバンク回線を利用しているので、十分広いエリアですが3社の回線を利用できるどんなときもWiFiと比較すると劣るでしょう。
 
ここからわかる通り大手3キャリアから、場所ごとに最適な回線を選択してくれる『どんなときもWiFi』が優れていると言っても過言ではありません。
 
 

通信速度

どんなときもWiFiとネクストモバイルがそれぞれ発表する最高速度と、筆者が同場所で計測した実際の速度をまとめてみました。
 

  公式最高速度(上り/下り) 実際の速度(in横浜)
どんなときもWiFi 50Mbps/150Mbps 3.95Mbps/29.89Mbps
ネクストモバイル 50Mbps/150Mbps 4.63Mbps/21.1Mbps

速度において両者とも同じ最高速度となっています。実際に利用した筆者の感想としては、この両者の速度の違いは全く分かりませんのであまり気にしなくていいと思います。
 

わかったこと
  • どんなときもWiFiは通信量が完全に無制限

  • ネクストモバイルはプランによって変わる

  • エリアに関しては、大手3社のキャリア回線を利用しているどんなときもWiFiが圧勝。
  • 公式発表の最高速度は同じで実際に利用しても差はわからない。

 
 

比較項目② 契約期間を比較してみた!

どんなときもWiFiは2年契約で、ネクストモバイルも2年契約です。

契約期間は短い方がおすすめですが、その理由は以下の通りです。
 

・途中で解約したくなった場合リスクが少ない

短期契約であればある程途中で解約する場合に、更新月(解約が無料の月)が近いので解約金がかかるリスクが減ります。
 

・新たな製品が出た際に乗り換えし易い

現在の製品と契約している時に、新たに高性能のモバイルWiFiが発売される可能性もあります。短期契約である程、乗り換えが簡単です。
 
この2点が短期契約のメリットとなります。

多くのモバイルWiFiは3年契約なので、2年契約ができる『どんなときもWiFi』『ネクストモバイル』はおすすめだと分かります。

 

わかったこと
  • どんなときもWiFi・ネクストモバイルは2年契約ができる

  • 契約は短ければ短いほどお得

 
 

比較項目③ 料金で比較してみた!

どんなときもWiFiとネクストモバイルの料金を比較していきましょう。
両者とも2年以降の月額が増額するので、2年契約・3年契約した場合に分けてみます。

2年間利用した場合の料金

 

どんなときもWiFi ネクストモバイル(20GB) ネクストモバイル(30GB) ネクストモバイル(50GB)
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
1~12ヶ月目 3,480円 2,760円 3,490円 3,490円
13~24ヶ月目 3,480円 2,760円 3,490円 4,880円
解約金 なし なし なし なし
合計金額 86,520円 69,240円 86,760円 103,440円

 
ここからわかる通り、通信容量が違うので一概には言えませんが『どんなときもWiFi』お得だということがわかりました。
 
 

3年間利用した場合

先ほどとは逆に、3年間の利用の場合解約金が発生することに注意して見ていきましょう。
(どんなときもWiFi・ネクストモバイルは、2年間利用したら新たな2年契約が始まるため。)
 

どんなときもWiFi ネクストモバイル(20GB) ネクストモバイル(30GB) ネクストモバイル(50GB)
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
1~12ヶ月目 3,480円 2,760円 3,490円 3,490円
13~24ヶ月目 3,480円 2,760円 3,490円 4,880円
25~36ヶ月目 3,980円 3,695円 3,695円 5,815円
解約金 9,500円 9,500円 9,500円 9,500円
合計金額 143,780円 123,080円 140,600円 182,720円

 
この料金表で、自身の利用する通信量と値段の兼ね合いに利用してください!
ここからわかる通り、通信量を無制限で利用できる『どんなときもWiFi』が最もお得だとお分かりいただいたと思います。
 

わかったこと
  • 値段は少々違えど、通信量から見てどんなときもWiFiが最もお勧め

  • 筆者の意見としては、どんなときもWiFiを2年で解約し、再契約するのがおすすめ。

 
 

比較項目④ 海外で比較してみた!

ネクストモバイルは海外では利用することができません。

逆にどんなときもWiFiは海外でも利用することができます。

海外で利用する際は、料金や通信量が異なるので解説します。

 

料金

1日あたりの料金で計算します。電源を入れた日のみ請求されます、

・アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米 69カ国/1,280円
・中東・南米・アフリカ 37カ国/1,880円

 

通信量

国内では無制限に利用できますが、海外では1日1GBまでの制限があります。

YouTubeだと、約4時間30分見られる通信量です。

利用方法は電源を入れるだけですので、海外に頻繁に行かれる方にとっては、余計な手続き等が不必要になるので非常に便利な機能だと思います。
 
 

比較項目⑤ 評判を比較してみた

どんなときもWiFiとネクストモバイルを比較してきましたが、評判はどのようになっているのでしょうか。各項目ごとの評判をみていきましょう。
※運営会社が同じということもあって両者とも評判はよかったです。
 


 
運営会社も同じですしあながち間違っていません。
 


 
ネクストモバイルを選択した方もいらっしゃいます。
 


 
大容量利用する方は、どんなときもWiFi一択です。
 


 

全体的に見ると両者とも優れているという意見が大半を占めていました。評判は上々ですね。

では最後にそれぞれのポケットWiFiに向いている人を解説していきます。
 
 

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • 総合的に見ると、どんなときもWiFiが圧勝
  • ネクストモバイルは通信量が選択できる
  • 全てのモバイルWiFiの中でみてもどんなときもWiFi一択

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiとなくすとモバイルの比較』について解説をしていきました。

結論としては『全てにおいてどんなときもWiFiが圧勝』『月20GBしか使わない方はネクストモバイルがおすすめ』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 どんなときもWiFiをネクストモバイルと5項目(通信・契約期間・料金 […]

-->

【レビュー】どんなときもWiFiはバッテリー交換できないが平気である2つの理由

「どんなときもWiFiはバッテリー交換できるの?」

「2年間契約だけど、その間に経年劣化した場合はどうするの?」

「実際に契約している人のレビューを知りたい!」
 

2019年3月よりサービスが開始されたどんなときもWiFiですが、「バッテリーの交換」はすることができるのでしょうか?
結論から言いますとバッテリーの交換はできませんが、そのデメリットはあまりありません。
この記事では実際にどんなときもWiFiを契約している筆者が、バッテリー交換が必要ない2つの理由や、バッテリーを長持ちさせる方法等を解説をしていきます。

バッテリー交換について詳しくなってから、どんなときもWiFiの契約を考えましょう。

 

【結論】どんなときもWiFiはバッテリー交換ができないが平気な2つの理由

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

どんなときもWiFiはバッテリー交換ができません。

公式ホームページには以下のような記載がありました。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
 
ここからわかる通り、どんなときもWiFiは内蔵してあるものなので『バッテリー交換ができない』ということが分かっていただいたと思います。
しかしながら、どんなときもWiFiはバッテリー交換できなくても平気です。
その理由は以下の2つになります。
 

①2年契約なので経年劣化が起きにくい

様々な意見はありますが、バッテリーの寿命はだいたい2年程度だと言われています。

どんなときもWiFiは2年契約ですので、もしもバッテリーが劣化してきたとしても、2年契約満了時に解約をすれば良いのです。

 
他社の例であげさせていただくと、WiMAXは3年契約ですがバッテリーの交換はできません。

※WiMAXのプロバイダ(販売代理店)によっては機種変更ができますが、機種変更によって新たな3年契約が始まる場合がほとんどです。機種変更ができることはメリットではないので注意してください。

 
要するに、どんなときもWiFiは『契約期間がバッテリーの寿命の目安と同じなので交換できなくても大丈夫』だと言えそうです。
 
 

②バッテリーの劣化に対する悪い評判がほぼない

公式の発表では12時間はバッテリーが持つことになっています。
そこでどんなときもWiFiのバッテリーに関する評判を調べたところ、ほとんどが良い評判でした。
いくつか紹介させていただきます。
 


 


 


 
悪い評判も見つけましたので載せさせていただきます。


 
全ては紹介仕切れませんが、『どんなときもWiFi バッテリー』と検索したところほとんどが良い評判でした。興味がある方はご自身で調べてみてください!
 
実際に契約している筆者の意見としましては、半年間利用してみてバッテリーの劣化は全く感じません。
そもそもバッテリーの持ち時間が長いので劣化しても大丈夫だと思います。
しかしながら、2019年3月という最近始まったサービスでまだバッテリーの劣化情報が無いだけかもしれませんので、随時記事を更新していきます。
 
 
以上が、『どんなときもWiFiはバッテリー交換ができないが平気な理由2つ』です。まとめると以下のようになります。
 

バッテリー交換が必要ない理由
  • どんなときもWiFiは2年契約なのでバッテリーの劣化が起きても解約すれば良い
  • そもそものバッテリー持ち時間が長いので劣化しても大丈夫

 
様々なモバイルWiFiを契約・利用してきた筆者としては

『2年で解約して新しい端末で再契約することがおすすめ』

という結論です!
 
次は、もしもバッテリー交換がしたくなった場合やバッテリーを長持ちさせる方法をみていきましょう。
 
 

バッテリーを長持ちさせる方法!

どんなときもWiFiにバッテリー交換ができるサービスが無いと述べましたが、もしも交換したい場合には以下の2つしか方法は無いでしょう。
 
18,000円で新しい端末へ交換する
→上記の『よくある質問』で載せましたが、新品に変えてしまう方法です。
 
②モバイルバッテリーを購入する
→新たに課金をしてしまう作戦です。
 
この2つしか対象方法が無いので余計な出費は免れないでしょう。
そうなる前に、バッテリーを長持ちさせるようにして対処しましょう!
以下はバッテリーを長持ちさせる3つの方法です。
 

①充電を出来るだけ少ない回線で行う

何度も充電を行うことは、バッテリーの劣化に繋がります。電池が少し減るたびに充電するのは辞めましょう。
『満タンまで充電→切れる直前まで利用→満タンまで充電』を繰り返しましょう。
 

②電池満タン・電池なしの状態で放置する

常に電池が満タンの状態(充電しっぱなし)は良くないのですが、電池がなしの状態で放置するのもバッテリーには良くないそうです。
公式ホームページにはこのように記載があります。

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
 

③高温環境

バッテリーは熱に弱いので、出来るだけ高温環境は避けましょう。
端末が暑くなってきたら少々涼しい場所で冷ましてみてもいいでしょう。
 
以上の3つがバッテリーを劣化させない方法です。
バッテリーを交換する為に高額な出費がかかるので、日頃から対策しましょう。
 
これにて、バッテリー交換についての解説を終了します
最後になりますが、今回紹介したどんなときもWiFiのメリット・デメリットや実際に利用してみた感想をまとめました!
 
 

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • 2年契約なのでバッテリーの劣化は心配なさそう
  • そもそもどんなときもWiFiのバッテリー持ち時間は長い
  • 日頃からバッテリーの劣化に対する対策をしよう

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiのバッテリー交換』について解説をしていきました。

結論としては『どんなときもWiFiは2年契約・そもそもバッテリーの持ち時間が長い』『日頃からバッテリーへの対策が必要』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

「どんなときもWiFiはバッテリー交換できるの?」 「2年間契約だけど、その間に経年劣化した場合はどうするの? […]

-->

どんなときもWiFiのクラウドSIMとは?超シンプルに解説!

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • どんなときもWiFiに搭載されているクラウドSIMを超簡単に説明!
  • クラウドSIMのメリット・デメリットは?
  • どんなときもWiFiはお勧めできる?

「どんなときもWiFiに搭載されているクラウドSIMとはなに?」

「クラウドSIMのメリット・デメリットを知りたい!」
「クラウドSIMの評判はどうなの?」
 
2019年3月よりサービスが開始されたどんなときもWiFiですが、最新機能である『クラウドSIM』というものを搭載しています。
ただそのクラウドSIMとは一体なんなのでしょうか?
最新技術であるため情報も少なく、これから利用することを考えている方は心配だと思います。
 
この記事では、クラウドSIMについてのメリット・デメリットや実際の使い心地や評判まで超シンプルに解説をしていきます!

クラウドSIMについて詳しくなってから契約を考えるようにしましょう!

 
 

そもそもクラウドSIMとはなんのこと?超シンプルに解説

出典: https://www.sekai-wifi.com/

クラウドSIMとは『SIMカードをクラウド上で管理することによって様々な回線を利用』できるようにする最新技術です。
 
従来のSIMはカード型で端末1台につき1枚利用していました。
つまりauの回線を利用する場合は、auのSIMカードを読み込むことで初めて利用できていたのです。

と説明しても分かり辛いと思いますのでクラウドSIMについて1言で表すと以下のようになります。
 
『様々な回線のSIMカードを1箇所に集めて全部利用できるようにしたよ!』ということです。
 
日本で言うと、ソフトバンク・au・ドコモ回線のSIMカードを1箇所(クラウド上)に集めて、その集まったSIMカードの情報を端末が受信することで、様々な回線が利用できるようになるのです。
 
これについては詳しく知る必要はないと思います。
『クラウドSIMによって1つの端末で様々な回線が利用できるようになったんだ!』とだけ理解しておけばいいでしょう。
 
次にメリット・デメリットを解説していきます。
 
 

どんなときもWiFiに搭載されているクラウドSIMのメリット

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

クラウドSIMは『様々な回線が利用できる』と説明しましたが、そのことによるメリットが大きく2つあります。
 

①通信エリアが半端なく広い

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

クラウドSIMを搭載しているどんなときもWiFiは、『ソフトバンク・au・ドコモ』の回線からその場にあった最適な回線に接続してくれます。
 
つまり、1つの回線の電波が届かなかったら別の回線を利用できるのです。

例えば北海道の端っこにある大自然の知床でも容易にネットを利用できます。

従来のSIMカード型の回線は、1つの回線しか利用できないのでその回線が利用できない場所では全く対処できません。

要するに、クラウドSIM搭載のモバイルWiFi(どんなときもWiFi)を1台でも契約すると、『ソフトバンク・au・ドコモ』3つの回線を契約したことと同じだと言えます。
 

海外でも電源を入れるだけで利用できる

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

クラウドSIMは、様々な回線が利用できると説明しましたが、海外でも同じです。
従来は、海外でネットを利用したい場合以下のような面倒な手続き等がありました。
 

海外でネットを利用する際に面倒なこと
  • わざわざ店舗等に行ってレンタル・返却をしなくてはならない
  • →海外に行くたびに渡航先の国に対応したSIMカードが必要なため

  • 利用していない日(飛行機内等)の料金も請求される
  • →移動中であろうとレンタルと言う形を取っているため

  • 現地で手続きする必要がある
  • →現地対応のSIMカード等を購入する必要があるため

 
これらの作業が、どんなときもWiFiに搭載しているクラウドSIMによって必要が無くなります。
 
渡航先でクラウドSIM搭載のどんなときもWiFiの電源を入れたら、即利用することができます。余計な契約や手続きは必要されません。
参考程度に筆者がタイに行った際、どんなときもWiFiと大手海外専用モバイルWiFiの料金を比較してみました。
 

どんなときもWiFi グローバルWiFi イモトのWiFi
通信量 1日/1GB 1日/1.1GB 1日/1GB
8月4日(飛行機) 0円 1,570円 1,580円
8月5日 1,280円 1,570円 1,580円
8月6日 1,280円 1,570円 1,580円
8月7日 1,280円 1,570円 1,580円
8月8日(飛行機) 0円 1,570円 1,580円
サポート金額 0円(利用料に込み) 2,500円(500円×5日) 2,500円(500円×5日)
合計金額 3,840円 10,350円 10,400円

 
ここからわかる通り、どんなときもWiFiが圧倒的に安いことがわかります。

海外利用について詳しく解説している記事は別にありますので、興味がある方は【レビュー】どんなときもWiFiを海外で実際に利用してみた!速度や料金はどう?をご覧ください!
 
以上がメリットになります。次はデメリットを見ていきましょう。
 
 

どんなときもWiFiに搭載されているクラウドSIMのデメリット

クラウドSIMのデメリットを探すのになかなか苦労しますが、最新技術ゆえのデメリットが1つありました。
 

最新技術なので通信障害が発生しやすい?

2019年8月31日から9月3日までの間でクラウドSIMが原因による通信障害発生していました。

現在は完全に復旧されていますが、最新技術故に何かしらの問題が起こりやすいのかもしれません。
 
しかしながらこれはデメリットとは中々言い切れません。
クラウドSIMのデメリットは今のところは見当たらないと考えていいでしょう。
 
どんなときもWiFiの通信障害に関して別の記事で詳しく解説しています。
興味がある方は契約者の私がどんなときもWiFiの通信障害の症状・会社の対応等全てを解説!をご覧ください!

 
クラウドSIMについて解説をしていきましたが、メリットが大いにあると言うことが分かっていただいたかと思います。
日本ではクラウドSIMの普及が始まったばかりで、主に2020年12月現在でクラウドSIMが利用できるのは『どんなときもWiFi』です。
 
最後に今回解説したクラウドSIMを搭載しているどんなときもWiFiのメリット・デメリットをまとめました。
 
 

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • クラウドSIMは複数の回線が利用できる!
  • 海外でも最適な回線をキャッチ
  • クラウドSIMを搭載しているどんなときもWiFiを契約すべき

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiのクラウドSIM』について解説をしていきました。

結論としては『複数の回線が利用できる』『料金も断然に安い』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 どんなときもWiFiに搭載されているクラウドSIMを超簡単に説明! […]

-->

契約者の私がどんなときもWiFiの通信障害の症状・会社の対応等全てを解説!

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • どんなときもWiFiの通信障害はどのようなものだった?
  • 運営会社の対応は満足できるものだったか?
  • 現在の復旧状況は?
  • 通信障害に関する評判まとめ

「どんなときもWiFiの通信障害は、どのようなものなの?」

「現在の通信障害の復旧状態は?」
「どんなときもWiFi運営会社の対応は?」

2019年8月31日〜9月3日まで、一部の地域においてどんなときもWiFiで通信障害が発生していました。
実際にどんなとときもWiFiを契約している筆者も、今回の通信障害で被害にあった1人です。

この記事では、どんなときもWiFiで発生した通信障害の概要・現在の復旧状態・運営会社の対応等の契約者にしか分からない内容を詳しく解説していきます。
通信障害の概要や運営会社の対応をしっかりと確認してから、どんなときもWiFiで契約すべきなのか確認しましょう!
 

どんなときもWiFiの通信障害はどんなものだった?

上記はどんなときもWiFiの公式ホームページなのですが、8月31日〜9月3日の間で通信障害が起こっていました。
 
契約者の筆者もどんなときもWiFiの通信障害にあいました。

症状
  • ①電源を入れてもWiFiマークが永遠に点滅している
  • ②WiFiは3本立っているのに、ネットに接続しない

以上二つの症状が、私のどんなときもWiFiの端末で起こりました。
 

①電源を入れてもWiFiマークが永遠に点滅している

電源を入れても永遠にWiFiマークが点滅している状況でした。
おそらく接続できる回線をキャッチできていなかったのだと思います。
 

②WiFiは3本立っているのに、ネットに接続しない

このようにWiFiの電波は届いているように見えるのですが、ネットに接続しようとするとエラーが起こってしまいます。

実際に利用者の声もいくつか載せておきます。


 
以上の2つが通信障害の症状になります。
私の端末ではこの状態が8月31日〜9月4日まで続いていたので、その期間はどんなときもWiFiの通信障害によって利用することができませんでした。

次は運営会社の対応について見ていきましょう。
 
 

どんなときもWiFiの通信障害に対する運営会社の対応

どんなときもWiFiは、株式会社グッド・ラックという会社が運営してますが通信障害に対する会社の対応はどのようなものだったのでしょうか。
どんなときもWiFiのホームページにはこのような記載がありました。

文量が多くて分かり辛いと思いますが、補償内容は『通信障害が起こってた日分の料金は無料になる』というものでした。
 
 
実際に契約者に対して発送されたお詫びメールは以下の通りです。

 
 
このメール内に「接続不具合ご申告フォーム」というものがあるのでそこで必要事項を記入して申請をしました。

以上が、通信障害に関するどんなときもWiFiの運営会社による対応です。
個人的な意見としては、今回の通信障害に対する対応がしっかりしていたので、問題はあったにせよ信頼できる会社のように感じました。
 
 

2019年9月10日現在の復旧状況は?

結論から言いますと、私の利用する端末では『2019年9月10日現在、通信障害は復旧しています!』
端末のWiFiマークの点滅がなくなり、ネットも利用できるようになりました。
しかしながら、『未だに繋がらない!』との声が少々ありました。

どんなときもWiFiの公式ツイッターにも、『9月3日の夕刻に回復いたしました』との報告があります。

私の端末では、通信障害の解消が確認できたのですがその他の利用者はどのようになっているのでしょうか。
通信障害が解消された9月3日夕方以降の評判を見ていきましょう。
 


このように一見通信障害は完全に解消されたように思えます以下をご覧ください
 


 
ここでは全て紹介できませんが少々心配になるツイートがいくつかありました。
今回は一部しか紹介できないので興味がある方は、ツイッター等で確認するといいでしょう。
ただ筆者の契約している端末では、8月31日〜9月3日まで通信障害があったものの現在は何不自由なく利用できています。

最後に今回のどんなときもWiFiの通信障害に対する評判を時系列でまとめて見ましたのでご覧ください。
 
 

どんなときもWiFiの通信障害に関する評判一覧

どんなときもWiFiの通信障害に関する評判を時系列でまとめて見ました!
 

通信障害発生時


 

通信障害が解消された後

9月4日以降に繋がりやすいという評判も多数ありました。

 


通信障害は解消したとの発表がありましたが、一部繋がらない方もいるみたいです。
※筆者は解消しました。

以上で、『どんなときもWiFiの通信障害』に関する解説を終了いたします。
個人的な意見ですが、今回通信障害と言うトラブルが起きましたが、企業といては十分な対応を行なっていたと言ってよいのではないでしょうか。

まだどんなときもWiFiを契約していない方が多数いらっしゃると思いますので、どんなときもWiFiのメリット・デメリット等を簡単にまとめました。
 
 

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • 通信障害は解消されており、会社の対応は満足いくものだった
  • 全てのポケットWiFiの中でどんなときもWiFiが最もおすすめ

いかがだったでしょうか?この記事では『どんなときもWiFiの通信障害』について解説をしていきました。

結論としては『4日間に渡って通信障害がおきていた』『会社の対応は満足の行くものだった』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 どんなときもWiFiの通信障害はどのようなものだった? 運営会社の対 […]

-->

auのデータMAXプランではなく、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由!

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • auのデータMAXプランを超シンプルに解説してみた
  • なぜどんなときもWiFiの方がおすすめなのか?
  • どんなときもWiFiとデータMAXはどの程度差があるの?

「auのデータMAXプランは本当にお得なの?」

「もっと安く通信量を無制限に利用する方法ってないの?」

「同じく通信量無制限のどんなときもWiFiと比較してほしい!」

2019年よりauの新たなプランとして発表された『データMAXプラン』ですが、大手キャリアの回線としては初めて『完全に通信量無制限』を実現しています。

しかしながら、実際のところはおすすめすることが全くできません。

今回この記事では、同じく『完全に通信量無制限』である『どんなときもWiFi』との比較も含めて、『auのデータMAXプラン』で契約すべきでない理由を解説していきます。
 
 

【簡単に結論】auデータMAXプランではなく『どんなときもWiFi』で契約すべき理由

後ほど詳しく解説をしていきますが、auのデータMAXプランではなく『どんなときもWiFi』をおすすめする理由は以下の2つの理由からになります。
 

①通信量が『完全』に無制限である

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

どんなときもWiFiは通信量無制限ですが、auの場合は動画の長時間視聴等で通信制限をかけるかもしれないという旨の注意書きがあります。
 

②料金が圧倒的に安い

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
どんなときもWiFiの月額の方が最高で5,000円程度もお得に契約できます。

まずは簡単にauのデータMAXプランではなくどんなときもWiFiで契約すべき2つの理由について解説をしていきましたが、まずはauのデータMAXプランとはどのようなものか解説します。
 
 

auのデータMAXプランを超シンプルに解説してみた

出典: https://www.au.com/mobile/charge/smartphone/plan/data-max/

2019年6月より開始されたauのデータMAXプランですが、プランの内容が複雑すぎるという声が多くありました。
今回筆者が、『通信量』と『料金』の2つに分けて超シンプルに解説していきます。
 

通信量について

auのデータMAXプランは、

大手キャリアでは初めて通信量無制限を実現しました。

今までは月7GBや10GBまでという制限がありました。
一見素晴らしいプランに思えますが注意点が2つあります。
 

1 短期間に大量のデータ通信を利用すると通信制限にかかる可能性がある

auの備考欄には『大量のデータ通信を行うと通信制限の可能性がある』との記載があります。
しかしながら『大量のデータ通信』とは何を表すのかはわかりません。
 

2 動画配信や動画視聴等を長時間利用する際は制限される可能性がある

無制限だとは言っているものの、「長時間に渡っての動画視聴等は通信制限がかかるかも」ということです。

多くの人にとって通信量を大量に使うのは『動画の視聴』だと思います。
せっかく通信量無制限のプランで契約したのに使えない!となっては悲惨です。
 
 

料金について

出典: https://www.au.com/mobile/charge/smartphone/plan/data-max/

この画像の通り、最大で5,980円と書いてありますが実は5,980円にするためには3つの割引を適応させなければなりません。
それでは3つの割引をみていきましょう。
 

1 auデータMAXプランスタートキャンペーン

要するに『利用開始から半年間は1,000円割引するよ』というキャンペーンです。
逆に言い換えると『利用開始から半年までしか割引しませんよ』ということです。
 

2 固定回線とのセットで1,000円割引

固定回線をauで契約している方は、1,000円割引されます。
通信量無制限のプランと固定回線の組み合わせは必要ないかと思います。

※固定回線は毎月4,000円〜8,000円程度の料金がかかります。

 

3 家族割引

家族の中でauを利用する方がいれば、2人で500円・3人で1,000円の割引になります。
 
以上の3つの割引を適応しないと、5,980円という料金にはなりません。

基本料金は8,980円という超高額になっています。

ここから端末代等も上乗せされるので10,000円以上は確実にかかることでしょう。
 
簡単にauのデータMAXプランを解説しましたが、まとめると以下のようになります。
 

auのデータMAXプランで押さえておくこと
  • 大量の通信を利用すると通信制限の可能性がある
  • 月額5,980円にするにはハードルが高い

 
auのデータMAXプランを簡単にまとめたところで、本題であるauのデータMAXプランではなく、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由を詳しく見ていきます。
 
 

auのデータMAXプランではなく、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由

先ほど簡単に説明しましたが、これから詳しく解説をしていきます。
 

①通信量が『完全』に無制限である

auのデータMAXプランでは、長時間の動画視聴や大量のデータ通信を行うと通信制限になる可能性があると説明しました。

しかしながら、どんなときもWiFiはいくら通信を利用しても『完全に無制限』です。
また『どんなときもWiFi』で動画視聴を行なっても、速度が遅くなることは一切ありませんでした。
 
筆者が実際に、どんなときもWiFiを利用して通勤電車の中でNetflixを視聴したレビューを解説している記事があります。
興味がある方は【レビュー】どんなときもWiFiでnetflixは見られるのか?をご覧ください!
 

②料金が圧倒的に安い

どんなときもWiFiはauのデータMAXプランと比較して、圧倒的に安いです。
表にまとめてみましたのでご覧ください!
 

どんなときもWiFi auデータMAXプラン
通信制限 なし なし(一部規制あり)
通信エリア au/softbank/docomoの回線エリア au
月額料金 3,480円 5,980円〜8,980円(端末代等は別途)

 
ここからわかる通り、料金だけでも月に5,000円以上の差がつきます。

1年間で60,000円もの差がつきますので相当の差額であるとわかると思います。

また料金以外にも、どんなときもWiFiの方がauのデータMAXプランよりも優れているということをお分かり頂けたと思います。
 
auのデータMAXプランよりも『どんなときもWiFi』がおすすめだとわかりましたが、料金以外にもおすすめできる点がたくさんあります。
実際に契約している筆者が、どんなときもWiFiのメリット・デメリットを簡単にまとめましたのでご覧ください。
 
 

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • auのデータMAXプラン全ての割引を受けるのは難しい
  • 月額5,000円以上も安いどんなときもWiFiがおすすめ
  • エリアや通信量からみてもどんなときもWiFi一択

いかがだったでしょうか?この記事では『auのデータMAXプランではなくどんなときもWiFiで契約すべき理由』について解説をしていきました。

結論としては『auのデータMAXプランは完全に無制限ではない』『どんなときもWiFiの方が月5,000円程度も安い』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 auのデータMAXプランを超シンプルに解説してみた なぜどんなときも […]

-->

ソフトバンクのウルトラギガモンスターではなく、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由!

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • ソフトバンクのウルトラギガモンスターを超シンプルに解説してみた
  • なぜ、どんなときもWiFiの方がおすすめなのか?
  • どんなときもWiFiとソフトバンクのウルトラギガモンスターはどの程度差があるの?

「ソフトバンクのウルトラギガモンスターは本当にお得なの?」

もっと安く通信量を無制限に利用する方法ってないの?」

「同じく通信量無制限のどんなときもWiFiと比較してほしい!」

2019年よりドコモの新たなプランとして発表された『ウルトラギガモンスター』ですが、ウルトラギガモンスターという名の通り、通信を無制限に使えるように思っていませんか?

実際のところはおすすめすることが全くできません。

 
今回この記事では、『完全に通信量無制限であるどんなときもWiFi』との比較も含めて、『ソフトバンクのウルトラギガモンスター』で契約すべきでない理由を解説していきます。

【簡単に結論】ウルトラギガモンスターではなく『どんなときもWiFi』で契約すべき理由

後ほど詳しく解説をしていきますが、ソフトバンクのウルトラギガモンスターではなく『どんなときもWiFi』をおすすめする理由は以下の2つの理由からになります。
 

①通信量が『完全』に無制限である

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
 
どんなときもWiFiは通信量無制限ですが、ソフトバンクの場合は月50GBを越えると通信制限にかかりますという旨の注意書きがあります。
 

②料金が圧倒的に安い

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
どんなときもWiFiの月額の方が最高で4,000円程度もお得に契約できます。
 
 
まずは簡単にソフトバンクのウルトラギガモンスターではなくどんなときもWiFiで契約すべき2つの理由について解説をしていきましたが、まずはソフトバンクのウルトラギガモンスターとはどのようなものか解説します。
 
 

ウルトラギガモンスターを超シンプルに解説してみた

出典: https://www.softbank.jp/

2019年より開始されたソフトバンクのウルトラギガモンスタープランですが、プランの内容が複雑すぎるという声が多くありました。
今回筆者が、『通信量』と『料金』の2つに分けて超シンプルに解説していきます。
 

通信量について

ソフトバンクのウルトラギガモンスターは、月50GBを越えると通信制限がかかります。

通信制限が無くなるような宣伝をしていますがそんなことはありません。
一見素晴らしいプランに思えますが注意点が2つあります。
 

1 そもそも月50GB以上利用すると通信制限にかかる

『ウルトラギガモンスター』という名前で勘違いしそうですが月50GBを越えると通信制限にかかります。
名前だけで判断しないように注意してください。
 

2 一部対象のアプリ等は通信量に加算されない

出典: https://www.softbank.jp/

これはメリットなのですが

上記のアプリをいくら使おう通信量には加算されません。

個人的には『Amazonプライムビデオ』『Netflix』『DAZN』が無制限で利用できないのは、非常に残念です。

アプリ等は利用できますが、少々不便に感じる速度ではあるでしょう。
 

料金について

出典: https://www.softbank.jp/

この画像の通り、最大で3,480円と書いてありますが実は3,480円で利用するためには3つの割引を適応させなければなりません。
それでは3つの割引をみていきましょう。
 

1 1年おトク割

要するに『利用開始から1年間は1,000円割引するよ』というキャンペーンです。
逆に言い換えると『利用開始から1年までしか割引しませんよ』ということです。
ただ、機種変更か新規契約をしないとこの割引は適応されません。
 

2 固定回線とのセットで1,000円割引(おうち割 光セット)

固定回線をソフトバンクで契約している方は、1,000円割引されます。
通信量を大量にできるプランと固定回線の組み合わせは必要ないかと思います。

※固定回線は毎月4,000円〜8,000円程度の料金がかかります。

 

3 家族割引

家族の中でドコモを利用する方がいれば、2人で500円・3人で1,000円・4人で2,000円の割引になります。
 
 
以上の3つの割引を適応しないと、3,480円という料金にはなりません。

基本料金は7,480円という超高額になっています。

ここから端末代等も上乗せされるので10,000円以上は確実にかかることでしょう。
 
簡単にソフトバンクのウルトラギガモンスターを解説しましたが、まとめると以下のようになります。
 

ソフトバンクのウルトラギガモンスターで押さえておくこと
  • 月50GBを越えると通信制限にかかる
  • 月額3,480円にするにはハードルが高い

 
ウルトラギガモンスターを簡単にまとめたところで、本題であるソフトバンクのウルトラギガモンスターではなく、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由を詳しく見ていきます。
 
 

ウルトラギガモンスターではなく、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由

先ほど簡単に説明しましたが、これから詳しく解説をしていきます。
 

①通信量が『完全』に無制限である

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

ソフトバンクのウルトラギガモンスターでは、月50GBを利用すると通信制限になると説明しました。
 
しかしながら、どんなときもWiFiはいくら通信を利用しても『完全に無制限』です。
また『どんなときもWiFi』でどんなに通信を利用しても、速度が遅くなることは一切ありませんでした。
 
筆者が実際に、どんなときもWiFiを利用して通勤電車の中でNetflixを視聴したレビューを解説している記事があります。
興味がある方は【レビュー】どんなときもWiFiでnetflixは見られるのか?をご覧ください!

 

②料金が圧倒的に安い

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

どんなときもWiFiはソフトバンクのウルトラギガモンスターと比較して、圧倒的に安いです。
表にまとめてみましたのでご覧ください!
 

どんなときもWiFi ソフトバンクのウルトラギガモンスター
通信制限 なし 月50GBまで
通信エリア au/softbank/docomoの回線エリア softbank
月額料金 3,480円 3,480円〜7,480円(端末代等は別途)

 

ここからわかる通り、料金だけでも月に4,000円程度の差がつきます。

1年間で48,000円もの差がつきますので相当の差額であるとわかると思います。

また料金以外にも、どんなときもWiFiの方がソフトバンクのウルトラギガモンスターよりも優れているということをお分かり頂けたと思います。
 
ソフトバンクのウルトラギガモンスターよりも『どんなときもWiFi』がおすすめだとわかりましたが、料金以外にもおすすめできる点がたくさんあります。
実際に契約している筆者が、どんなときもWiFiのメリット・デメリットを簡単にまとめましたのでご覧ください。
 
 

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • ソフトバンクのウルトラギガモンスターは全ての割引を受けるのは難しい
  • 月額4,000円程度も安いどんなときもWiFiがおすすめ
  • エリアや通信量からみてもどんなときもWiFi一択

いかがだったでしょうか?この記事では『ソフトバンクのウルトラギガモンスターではなくどんなときもWiFiで契約すべき理由』について解説をしていきました。

結論としては『ソフトバンクのウルトラギガモンスターは完全に無制限ではない』『どんなときもWiFiの方が月4,000円程度も安い』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 ソフトバンクのウルトラギガモンスターを超シンプルに解説してみた なぜ […]

-->

ドコモのギガホを解明してわかった、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由!

【一目で理解できるこの記事でわかること】
  • ドコモのギガホを超シンプルに解説してみた
  • なぜどんなときもWiFiの方がおすすめなのか?
  • どんなときもWiFiとドコモのギガホはどの程度差があるの?

「ドコモのギガホは本当にお得なの?」

もっと安く通信量を無制限に利用する方法ってないの?」

「同じく通信量無制限のどんなときもWiFiと比較してほしい!」

2019年よりドコモの新たなプランとして発表された『ギガホ』ですが、ギガホという名の通り、通信を無制限に使えるように思っていませんか?

実際のところはおすすめすることが全くできません。

今回この記事では、同じく『完全に通信量無制限』である『どんなときもWiFi』との比較も含めて、『ドコモのギガホ』で契約すべきでない理由を解説していきます。

【簡単に結論】ドコモのギガホではなく『どんなときもWiFi』で契約すべき理由

後ほど詳しく解説をしていきますが、ドコモのギガホではなく『どんなときもWiFi』をおすすめする理由は以下の2つの理由からになります。
 

①通信量が『完全』に無制限である

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/

どんなときもWiFiは通信量無制限ですが、ドコモの場合は月30GBを越えると通信制限にかかりますという旨の注意書きがあります。
 

②料金が圧倒的に安い

出典: https://donnatokimo-wifi.jp/
どんなときもWiFiの月額の方が最高で5,000円程度もお得に契約できます。
 
まずは簡単にドコモのギガホではなくどんなときもWiFiで契約すべき2つの理由について解説をしていきましたが、まずはドコモのギガホとはどのようなものか解説します。
 
 

ドコモのギガホを超シンプルに解説してみた

出典: https://www.nttdocomo.co.jp/charge/promotion/gigaho_gigalite/

2019年より開始されたドコモのギガホですが、プランの内容が複雑すぎるという声が多くありました。

今回筆者が、『通信量』と『料金』の2つに分けて超シンプルに解説していきます。
 

通信量について

ドコモのギガホは、

月30GBを越えると弱めの通信制限がかかります。

今までは通信制限にかかると全く利用できない速度まで落ち込んでいましたが、そんなことはありません。
ただ、一見素晴らしいプランに思えますが注意点が2つあります。
 

1 そもそも月30GB以上利用すると通信制限にかかる

『ギガホ』という名前で勘違いしそうですが月30GBを越えると通信制限にかかります。
名前だけで判断しないように注意してください。
 

2 通信制限後は1Mbpsの速度がでる

速度制限になってもある程度は利用できる速度がでるという意味で『ギガホ』なのかもしれません。

1Mbpsで利用できる速度の目安は以下の通りです。
 

1Mbpsの目安
  • LINEはすぐに返信可能(ビデオ通話は微妙)
  • YouTubeは通常画質で再生可能
  • SNS(ツイッター・インスタ)への投稿や閲覧は可能
  • ネットは十分利用可能

基本的なアプリ等は利用できますが、少々不便に感じる速度ではあるでしょう。
 

料金について

出典: https://www.nttdocomo.co.jp/charge/promotion/gigaho_gigalite/

この画像の通り、最大で4,980円と書いてありますが実は4,980円にするためには2つの割引を適応させなければなりません。
それでは2つの割引をみていきましょう。
 

1 固定回線とのセットで1,000円割引

固定回線をドコモで契約している方は、1,000円割引されます。
通信量無制限のプランと固定回線の組み合わせは必要ないかと思います。

※固定回線は毎月4,000円〜8,000円程度の料金がかかります。

 

3 家族割引

家族の中でドコモを利用する方がいれば、2人で500円・3人で1,000円の割引になります。
以上の2つの割引を適応しないと、4,980円という料金にはなりません。

基本料金は6,980円という超高額になっています。

ここから端末代等も上乗せされるので10,000円以上は確実にかかることでしょう。
 
簡単にドコモのギガホを解説しましたが、まとめると以下のようになります。

ドコモのギガホで押さえておくこと
  • 月30GBを越えると通信制限にかかる
  • 月額4,980円にするにはハードルが高い

 
ドコモのギガホを簡単にまとめたところで、本題であるドコモのギガホではなく、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由を詳しく見ていきます。
 
 

ドコモのギガホではなく、どんなときもWiFiで契約すべき2つの理由

先ほど簡単に説明しましたが、これから詳しく解説をしていきます。
 

①通信量が『完全』に無制限である

ドコモのギガホでは、月30GBを利用すると通信制限になると説明しました。
 
しかしながら、どんなときもWiFiはいくら通信を利用しても『完全に無制限』です。
また『どんなときもWiFi』でどんなに通信を利用しても、速度が遅くなることは一切ありませんでした。
 
筆者が実際に、どんなときもWiFiを利用して通勤電車の中でNetflixを視聴したレビューを解説している記事があります。
興味がある方は【レビュー】どんなときもWiFiでnetflixは見られるのか?をご覧ください!
 

②料金が圧倒的に安い

どんなときもWiFiはドコモのギガホと比較して、圧倒的に安いです。
表にまとめてみましたのでご覧ください!
 

どんなときもWiFi ドコモのギガホ
通信制限 なし 月30GBまで
通信エリア au/softbank/docomoの回線エリア docomo
月額料金 3,480円 4,980円〜6,980円(端末代等は別途)

 

ここからわかる通り、料金だけでも月に4,000円程度の差がつきます。

1年間で48,000円もの差がつきますので相当の差額であるとわかると思います。

また料金以外にも、どんなときもWiFiの方がドコモのギガホよりも優れているということをお分かり頂けたと思います。
 
ドコモのギガホよりも『どんなときもWiFi』がおすすめだとわかりましたが、料金以外にもおすすめできる点がたくさんあります。
実際に契約している筆者が、どんなときもWiFiのメリット・デメリットを簡単にまとめましたのでご覧ください。
 
 

2020年12月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ!

契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。

どんなときもWiFiを実際に利用してみてわかったことは以下の3つ!

①サービス自体がとても丁寧なので安心できる。

 

端末がすぐに届くので便利!

 

高画質で生放送という重い通信量でも余裕で耐えることができる!

 

どんなときもWiFiで契約すべき6つの理由とは?

通信量が完全に無制限である!

→いくら使っても完全に無制限なので、通信制限に悩んでいた筆者は驚いています。

 

②エリアが広い

→大手3社の回線から最も適切な回線にその都度接続すると説明しました。

 

③料金が最安級である

WiMAXと比較しても遜色ない料金です。むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。

 

④契約プランが単純明快

通信業界はあえてプランを複雑にしてある意味騙すようなやり方が横行しています。しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。

 

⑤契約期間が2年間と短めである

→解約金のリスク解消や乗り換えがスムーズだと説明しました。

 

⑥海外でも利用できる

→海外によく行かれる方へ非常におすすめです。もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

 
しかしながらデメリットが2つある

①3年目から料金が高額

→25ヶ月目の更新月に確実に解約するようにしましょう!

 

②端末がレンタルである

故障すると弁償金18,000円が請求されます!心配な方はサポートに加入しましょう!

 

まとめ

  • ドコモのギガホは全ての割引を受けるのは難しい
  • 月額4,000円程度も安いどんなときもWiFiがおすすめ
  • エリアや通信量からみてもどんなときもWiFi一択

いかがだったでしょうか?この記事では『ドコモのギガホではなくどんなときもWiFiで契約すべき理由』について解説をしていきました。

結論としては『ドコモのギガホは完全に無制限ではない』『どんなときもWiFiの方が月4,000円程度も安い』ということがわかりました。

別の記事では、どんなときもWiFiを契約すべき理由について実体験に基づいた詳しい説明をしている記事がございます。
興味がある方は以下のリンクからご確認ください!

【一目で理解できるこの記事でわかること】 ドコモのギガホを超シンプルに解説してみた なぜどんなときもWiFiの […]

-->